LINEで送る
Pocket

【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

資産設計実践会メンバーとの東北スタディツアーの2日目のランチは気仙沼の唐桑御殿つなかんさんでした。映画化された「ただいま、つなかん」の舞台になった民宿です。

女将の菅野一代(かんのいちよ)さん(写真)に初めてお会いしたのは7年前の2016年だったと思います。震災からようやく復興して、ようやく次のステージに向けて希望を持ちはじめた頃でした。復興支援で行ったつもりが、一代さんの底抜けの明るさで、むしろこちらの方が元気付けられてしまったのを覚えています。

ところが、そんな一代さんを再び更に大きな試練が襲います。2017年に海難事故によりご主人と長女、三女の夫という3人がいなくなってしまったのです。

次々と降りかかる災難に「自分だけがナゼ」と神様を恨んだこともあるそうです。でも、子供の頃から父親に教えられた「与えられた運命を愛せよ」という言葉に救われたと言います。

本当の心の中は想像するしかありませんが、起こってしまった現実を恨んでも何も変わらない。であれば、その現実を受け入れた方が良いと考えたのかもしれません。

でも、自分が同じ立場になった時、いつも言っているように「事実は1つ、解釈は無限」と現実を受け入れることができるか。そう問われると、私にはその自信はありません。

悲しい出来事と何とか折り合いをつけながら、毎日を精一杯明るく生きる一代さんが目標にしているのが、海が見えるサウナを作ること。津波防止用の防潮堤が建設されて、海が見えなくなってしまった。そこで、海岸沿いの使っていない古い倉庫をリノベーションして、海が見えるサウナを作るというプランです。

足りない資金を集めるために、こちらのクラウドファンディングを始めました。募集終了まであと5日です。ファイナルゴールの600万円まで、あと少しです。

私は一代さんにお会いして人生に関するたくさんの大切なことを教えてもらいました。復興支援のつもりで始まった東北訪問は、いつもこちらが与えてもらっているばかりです。この機会に少しでも恩返しをしたいと思い、私もプロジェクトに参加しました。

気仙沼に行ったことが無い方、一代さんに会ったことが無い方も、プロジェクトに参加して、完成したらサウナに入って、一代さんと話してみてください。リピート訪問している私が、プライスレスな体験ができることを保証します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社ウェルス・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。