LINEで送る
Pocket

【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

2019年にまとめて2戸購入した晴海フラッグですが、いよいよ来年1月に完成引き渡しが決まりました。話題の物件なので、どちらかの住戸に引っ越して住んでみようかと思っています(写真は東京オリンピックの選手村だったころの写真)。 

引き渡しが近づいてきて、販売担当の野村不動産からたくさんの書類が送られてきました。手続きを淡々と進めていく傍らで、ここに来て不安なことがいくつかあります。

まず、資金繰りです。決済に必要な残金や登記費用、修繕積立金などの初期支払い費用を合わせると、必要金額は合わせて2億円以上になります。さすがに全額キャッシュで払うのは避けたいと思い、とある地方銀行から融資を受けようと交渉を続けています。

もし融資がおりなければ、どちらか1戸は保有を諦めようと思っています。融資の方向性が決まるまで、しばらくはモヤモヤした状態が続きます。

2つ目の不安が、以前からずっと気になっている駐車場です。晴海フラッグには全戸分の駐車場がなく抽選です。しかも車のサイズにも制限があるようです。

抽選で当たったとしても、ほとんどが機械式駐車場で、平置きはほとんどありません。利便性はどうなのかとても心配です。

そして3つ目の不安が周辺のインフラです。商業施設がエリアの中心部にオープンするようですが、どのようなテナントがいるのかはまだ発表されていません。

また、新しい商業施設が出来たとしても、新興住宅地ですから、昔ながらの老舗飲食店などはありません。今住んでいる赤坂界隈のような昔ながらのお店は、もうなかなか行くことができなくなります。仕事は自宅でほとんどやっていますから、お昼の晴海フラッグで行きたいお店が無く、昼食難民になってしまうかもしれません。

利便性の高い港区を離れ、「港区おじさん」から「中央区おじさん」に「都落ち」です。

海に面した眺めの良い広々とした新居にはなりますが、新しいライフスタイルに馴染めるのかどうかはわかりません。

もしかしたら1年も立たず、別の場所に引っ越してしまうかもしれません。予想できない先のことをあまり考えても意味がないので、とりあえずは、引っ越しの準備を始めます。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社ウェルス・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。