【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

京都訪問の主目的はお気に入りの飲食店に出かけることです。今回も連日予約を入れておいたお店に出かけて、京都の食を楽しみました。そして、その合間に観光も少しだけしてみました。今回出かけてみたのは金閣寺と銀閣寺です。

どちらも市バスを使えばタクシーが捕まらなくてもアクセスは比較的容易ですが、金閣寺に向かうバスは外国人観光客と地元の人たちで混雑していました。

金閣寺の入口には修学旅行生も集まって、さらにたくさんの人でごった返しており、入口のチケット売り場も行列です。オフシーズンの朝の早い時間でこんな状態ですから、紅葉の季節になったらどうなるのか。考えただけでゾッとするくらいです。

その後に出かけた銀閣寺は金閣寺とは対照的でした。

入口までの参道には観光客は少なく、どのお店も閑古鳥です。入口もひっそりとしており、中に入っても観光客の数はまばらでした。少人数の修学旅行生なども見かけましたが、その数は圧倒的に少なく、狭い境内をゆっくりと見て回ることができました。

金閣寺はピカピカの外観でいわゆる「インスタ映え」する観光施設です。一方で銀閣寺はいぶし銀の建物で玄人好みのお寺です。

金閣寺では外国人グループが大量の写真を撮っていましたが、銀閣寺では静かに庭を鑑賞しているような人が多い印象です。

金閣寺のような映える観光地は、訪問者が次々にSNSにキラキラした画像をアップします。それがまた観光客を呼ぶことになり、観光客が集中し大混雑になってしまいます。おそらく清水寺や八坂神社などの有名な「映える」観光地も同じ状況です。

ところが京都の中でも地味なお寺はオーバーツーリズムというほどの観光客の集中は起こらず、意外に空いています。

であれば、敢えてメジャーな観光地を外して、ゆっくり滞在時間を楽しむ方がストレスなく時間を過ごせます。

京都は金閣寺や清水寺に行かなくても、もっと素敵な場所がたくさん見つかります。観光客がメジャーな場所だけではなく、もっと分散すればオーバーツーリズムも少しは解消するのではないかと思いました。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社ウェルス・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますがで金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。