■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

糖質制限ではなく「ゆるい糖質制限」を数年間続けています。糖質を完全に絶つのではなく、食生活において炭水化物量を減らす工夫をストレスにならないように継続する自分なりのやり方です。

例えば、ラーメンやうどんの専門店には行かない。パスタやご飯を食べる時も小盛にしてもらう。日本酒やワインだけではなくウイスキーを飲む。そんな風に、無理をしないで続けることを優先しています。

これは、健康に関する研究の第一人者であるカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の津川友介さんの本に影響されています。

最近、東洋経済オンラインに掲載された津川さんのコラムには、極端な糖質制限のリスクがデータと共に説明されています(図表も同コラムから)。

引用されているグラフのように、炭水化物の摂取比率と死亡率の関係は、U字の関係になっています。左が炭水化物の摂取量が少ない場合で、右にいくほど比率が高くなっています。グラフは、炭水化物摂取量が多すぎても少なすぎても不健康になってしまうということを示しています。

津川さんがコラムで再度指摘しているもう1つのポイントは、同じ炭水化物でも「白い炭水化物」と「茶色い炭水化物」があり、前者を控えて、後者を摂るべきだということです。

白米や小麦粉などは精製されていて「白い炭水化物」。玄米や全粒粉などは精製されていない「茶色い炭水化物」です。炭水化物の中でも、白い炭水化物を減らすことを意識すべきということになります。この点は、外食が多いとなかなか実践できません。

結論としては、茶色い炭水化物も適度に摂取する「ゆるい糖質制限」が最強の食事法ということになります。

玄米は食べるとお腹が痛くなることが多いので敬遠していました。短期的にウエストが細くなったり便通が良くなるだけではなく、長期的には、糖尿病、脳梗塞、大腸がんなどのリスクが減少するという成果もあるようです。

食わず嫌いで敬遠するのではなく、発芽玄米などを食べるように工夫して、例えば1日のうち1食だけ白米を玄米に変えるといったところから始めてみようと思います。

あ、そのためには土鍋や炊飯器が必要になりますね!100%外食依存生活からの脱却は果たして可能なのでしょうか?

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。